FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-08-24

鈴鹿8耐レポート⑤

20090824194021
20090824194010
決勝のレポートのつづきです。


“やってしまった~”

先ず相手を見ます。ライダーは無事の様子だったので、急いで自分のバイクを起こし、見回した後エンジン始動を試みます。
幸いにも直ぐにエンジンに火が入り、緊急ピットインし相方と仲間に謝罪と簡単なマシンの状況を説明してマシンを降りました。

マシンはメカニック達の懸命な作業によって、約40分程で修復され
タイヤ交換後に給油され、向山選手がピットアウトして行きました。
相方の向山選手は今年初めての8耐参戦ライダーですが、まだ始めたばかりの頃の私のチームメイトであり先輩ライダーで、国内選手権では何度もチャンピォンを獲っているベテランライダーです。
そんな彼は手堅く20秒そこそこでコンスタントラップしてくれました。
彼はスキル的にもっと早いペースで走れるライダーですが、
仲間に確実きマシンを渡すと言う、第2ライダーの役目をまっとうしてくれたのです。
彼の走行の後半に降り始めた雨が少しずつ強くなり始めた頃予定通りのピットイン&ライダー交代です。
私は監督と話し合い、これから降るであろうと見越してレインタイヤを履いて出て行きました。
コースに出てみると、案の上、前半区間は濡れて、後半区間はドライのままです
レインタイヤはドライ路面を走るとすぐボロボロになってしまう為、濡れた路面で頑張りドライ路面では抑えて走ります。
この走行中は本当に大変でした
何度も部分的に降って濡れたり、乾いてドライになったりの繰り返し…
そんな中ペースも安定してそれなりに順位も戻って来た頃、サインボードに残り4周の表示が出てます。
しかしその周のスプーンコーナーから雨足が強くなり始め、散々使い倒したレインタイヤでの走行に不安を覚えた私は、一周早く入る為に足をあげて合図を送りました。

そして、逆バンクを過ぎダンロップコーナーに差し掛かった時まさにバケツをひっくり返した様な激しい雨が降り出して、前が何も見えなくなる位でした。
その時私的にはかなりスロー走行していたつもりでしたが、突然バイクが横を向き振り落とされて私は路面を滑って転がってしまったのです

起き上がりバイクに駆け寄ると破損が大きい
周りは転倒者続出と言う事でセーフティカーが出てました。

続く…。

スポンサーサイト

コメント

転倒は、レースをしていればつきものだから、仕方が無いですが、怪我が無くてなによりです
ピットクルー達の懸命な修復作業もチームワークがあってこそですよね

あ~…
モニターで転がっていくKマンの足(ブーツ)を確認致しました

sakuraさん〉

見られましたかぁ

しかも足だけとは(*´ο`*)=3

どうせなら、スペシャルステージの様な時に映らなきゃですね(^_^;)

カエル君〉

今回は完全プライベートで全て同志で参戦でした。

二度の転倒にも関わらず、嫌な顔一つせずに作業してくれた仲間に感謝です。

最高の仲間でした

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kyotaman.blog56.fc2.com/tb.php/74-6b519dbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 福山京太・・・日々レース流. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。